フリーターから正社員への転職には、誠実さと熱意が大切です。

フリーターから正社員

雇用と給料を安定させるためには、正社員になるのが最善の策です。

フリーターから正社員への転職は、簡単ではありませんが、決して不可能なことでもありません。面接の際にいくつかのポイントを抑えることで、正社員への道も開けます。

職歴は正直に伝える

面接で尋ねられやすいこととして、これまでの職歴があります。希望する会社に関連性のある職歴があれば良いですが、フリーターの期間があると消極的な気持ちになりがちです。
フリーターや空白期間があるからといって、履歴書の帳尻を合わせることは逆効果です。面接官の洞察力は鋭いので、筋道が通っている内容でも見抜かれてしまいます。誠実さが足りないと判断されて、選考において大きなマイナスポイントになります。

従事した期間や仕事内容は正直に記載した方が、人間性の評価につながります。現実的に正社員を目指して面接に来ているのですから、将来の目標設定をしていた期間として伝えるのも方法です。

仕事に対する熱意を伝える

面接先の会社の事業内容をしっかり調べておくのは当然のことですが、仕事に対する熱意を伝えることも大切です。単に正社員になりたいという気持ちで面接に臨むと、面接官の印象は悪くなります。

会社に対する熱意は、服装や口調にも表れます。バイトの面接とは違うので、スーツで面接に臨むのが常識です。シワや汚れがないかチェックすることも大切で、細かな配慮ができるかの判断材料になります。

はっきりした口調は自信の表れになりますし、会話をしていても爽やかなイメージがあります。緊張する状況ですが、少しリラックスして穏やかな表情で対応すると良いです。

会社でのコミュニケーション能力は、仕事面だけでなく人間関係にも大きな影響を持ちます。チームワークを重要視される職種では、コミュニケーション能力は選考の判断基準に取り入れられます。面接官はいくつかのチェック項目を使って、面接が始まった瞬間からコミュニケーション能力を確認しています。

まとめ

フリーターから正社員への転職は無理と決めつけてしまって、面接前から諦めてしまう人もいます。

確かに職歴は大切な要素ですが、最も重要なのは現在のやる気と気持ちです。
それを理解してもらうために、切実さと熱意を持って自己アピールすることが必要です。いきなり正社員での採用は難しいかもしれませんが、契約社員での雇用の可能性は十分にあります。実績を積んで行くことで、正社員への道が開けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です