転職で成功した実体験をもとに3つのポイントを紹介

転職エージェント

転職は社会人としての転機であり、自分の人生を左右する大事なイベントです。

ただ、転職活動の中で転職先が本当にいい会社なのかどうかしっかりと判断しないとせっかく時間とお金をかけて転職活動をしたのに無駄になってしまうかもしれません。

今回は、大手転職サービスを提供しているdodaの転職エージェントを活用した転職実体験をもとに重要なポイントを3つ紹介します。

転職を成功させるにはどういったサービスを活用するかは非常に重要です。是非ご参考にしてください。

ポイント1つ目:できれば地域密着型のエージェントサービスを活用すべき

ポイントの一つ目は地域密着型のエージェントサービスを活用することをオススメします。

大手のリクルートキャリアの方は、受け持っている他の転職者の方の数が多く、なおかつ膨大な会社の中からマッチングする会社を選んで紹介しなければなりません。
なので、相当できるエージェントでない限り、きちんとしたサービスを受けられない可能性があります。

その反面小規模でも地域密着のエージェントサービスであれば、会社とのコミュニケーションを円滑にしていて、親身になって相談に乗ってくれるケースが多いです。
他府県の会社情報がバンバン入ってくることがないので、選りすぐりの会社を紹介してくれるはずです。

そういったサービス会社を探すのが大変ですが、ネットで調べれば多数ヒットすると思うので口コミなどをみて調べてみてください。

ポイント2つめ:履歴書や職務経歴書はしっかりと準備しておく

転職活動をおこなうにあたり、まず初めに履歴書と職務経歴書は準備しておくようにしてください。

いまであればネットで記述するだけで作成することのできる書類になっているので、もし手書きがしんどいという場合はそういったサービスを利用して作成するようにしてください。

エージェントサービスや転職サイトに登録する際に、初めに提出を求められる書類になっており、なにより自己分析を行うのに便利です。

転職活動の最初の難関かもしれませんが、できれば準備しておくことお勧めします。

ポイント3つ目:面接では気になることはガンガン質問すべし

転職先が本当に良い会社かどうかは正直入ってみないと分かりません。できるだけ自分の理想と会社の現実の穴を埋めるには面接を利用してイメージをつかむしかありません。
なので、面接の際には聞きづらい質問でもガンガンしておくべきだと思います。

給料についてや、休みについて、働く部署の年齢構成などなど、本当に気になる質問をぶつけてみてください。

別に、嫌にとらえられたらそこまでの会社であったと切ってしまえばよいと思います。

他にも、いろいろとポイントはあるのですが、重要な部分だけお伝えしました。

仕事は人生の大半を占める活動であり、良い会社に巡り合える確率は実は非常に少ないです。

成功をさせるためにも、しっかりと準備して行動することオススメします。

 

私がやらかしてしまった転職活動での面接の恥ずかしい話

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です